At rose garden
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8(G)

さて、今日は午前中健康診断、午後から陶芸教室、夜はいつも通りの仕事でした^^;

お昼に、予定の隙間をぬって、バラ園に行ってみました!w

昨日のプラナー35mmのボケ味を見ていると、ビオゴンだとどうなるのか??

どうしても、確かめておきたかったからです^^;


At rose garden
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8(G)

プラナーに比べると、空間の奥行きを感じさせられる描写でしょうか?

赤は、ちょっと飽和気味ですね^^;



At rose garden
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8(G)

このくらいの間合いだと、ビオゴンの描写は冴えますね!

切れ味が鋭く、背景のボケも自然です。



At rose garden
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8(G)

なるほど、この切れ味を見ると、やっぱりプラナーは柔らかかったんだと、痛感します^^;w

ボケに奥行きが感じられますね。

プラナータイプは、どちらかと言えば平面的な絵になります。



At rose garden
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8(G)

プラナーのような、ぐるぐるボケは発生しませんね。

その分全体的に硬調な印象かな?

切れ味という点では、ビオゴンの圧勝ですね!w



At rose garden
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8(G)

これが、ビオゴンの切れ味だ!w


At rose garden
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8(G)

時刻は午後1時頃、快晴でピーカンです。


At rose garden
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8(G)

もちろん、ここまで、全コマ絞りは開放です。


At rose garden
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8(G)

やはり、立体感があって、奥行きを感じる描写ですね。


At rose garden
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8(G)

このコマのみ、F5.6まで絞っています。

パンフォーカスというよりは、手前がボケていて、空間を感じさせる絵ですね。

プラナーの35mmとビオゴンの28mm、どちらも広角レンズの定番の画角ですけど、両者の違いは、単に画角の差だけではありません!

驚くほど、性格の違うレンズですね。

共通して言えるのは、どちらも、小型軽量で、NEXだとほぼコンデジサイズに収まるという点ですかね??

コンデジサイズで、これだけの描写が楽しめる!

これは、手放せませんね!w



原田知世 - 『恋愛小説2〜若葉のころ』ダイジェスト・ムービー



iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/lov...

原田知世
恋愛小説2〜若葉のころ

背伸びして歌っていた、あのころの私に。
自身の少女時代をテーマにした、ラヴ・ソング・カヴァー・アルバム第2弾。
Produced by 伊藤ゴロー