Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

10:29 行くと決めたからには、もたもたしてはいられません!

石楠花街道(不惑新道)を急ぎます!!

暴風で帽子が飛ばされそうになります。


Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

一旦降って、再び登り返します。

アップダウンが3回ほどあって、最後のダウンが、ほとんど崖のような勾配^^;


Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

イボガエル(土ガエル) 毒があるので、触らないように!

ヘビなんかこわくない ツチガエル、イボ分泌液で撃退

ヒキガエルかも??

どうやら、正解は

アズマヒキガエル

他のカエルは俊敏ですぐに逃げてしまうが、本種は逃げずに落ち着いている。
これは目の後ろにある耳腺(じせん)に毒を持っていて、ヘビなどに噛まれると耳腺(じせん)が圧迫されて毒が分泌されることによって身を守ることができるためである。
しかし、カエルが大好物のヤマカガシ(Rhabdophis tigrinus)の毒は強力で本種でさえ飲み込まれてしまう。


らしいです^^;

特徴から見て間違えないな!

どう見ても?

これはイボガエルだろ??www

何れにしても、毒があるのは事実!!



Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

どこまでも続く石楠花の道。


Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1


Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

遠くに見えているのが、目指す富士写ヶ岳。


Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

遠いな^^;w


Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

ブナの小平。


Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

最後の登りがひたすら長い、、、、、^^;


Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

火燈山から、3.5km。


Walk "HUWAKU SHINDOU"
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8

石楠花の蕾。


Walk "HUWAKU SHINDOU"
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8

タムシバ。


Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

11:58 富士写ヶ岳に到着!


Walk "HUWAKU SHINDOU"
DSC-R1

富士写ヶ岳からの白山。

今日の白山は、終始ご機嫌でした^^;

小倉谷山から1時間29分。

ほぼ予定通り!

さすがやね^^;


立っていられないほどの、突風が吹きつけてくるので、集合写真(証拠写真??w)だけ写したら、食事も摂らずに、すぐさま下山開始です!

続く