Cherry Blossoms x S-Planar x
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

さて、桜を撮影するのに最適な長さは、どんな玉なのか??w

検証してみましょう!w

まずはマクロの60mm。



Cherry Blossoms x S-Planar x
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

こういう表情が、いかにもマクロという感じですかね?

しっかりとした存在感がありながら、柔らかさも表現できる!

これがエスプラナーですね^^;


Cherry Blossoms x S-Planar x
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

マクロレンズにしか取れない絵がある!

これは、事実でしょう。


Cherry Blossoms x S-Planar x
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

背景に気を使えば、絵になります^^;


Cherry Blossoms x S-Planar x
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

問題は、こういうシーン。

バックがうるさいと、ボケが気になりますか?

まあ、ズームレンズに比べれば、それでも、綺麗な方か??w


Cherry Blossoms x S-Planar x
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

結構寄ってますけど、すっきりしたボケにはならない。


Cherry Blossoms x S-Planar x
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

こういう間合いも、微妙ですね^^;


Cherry Blossoms x S-Planar x
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

このくらい離れれば、全く問題なし!w


Cherry Blossoms x S-Planar x
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

背景がすっきりしていれば、ちゃんと絵になります。


Cherry Blossoms x S-Planar x
NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

マクロレンズながら、こういう間合いの描写が、ダントツに優れているのが、エスプラの特徴でもあります。

50〜60mmの長さだと、やはり、背景が密集している場面では、厳しいものがありますね。

背景にさえ気を使ってやれば、マクロレンズでしか描けない絵も実現可能という点では、激しく使える玉だと思います。