DESKTOP SPEAKERS<

さて、TimeDomain Miniですけど、、、、。



DESKTOP SPEAKERS

よく考えたら、PCのおまけについてくるスピーカーでしたね、、、、。

ちょっと期待値が高すぎたかもしれません^^;w

そういえば、これまで随分と色々オクから釣り上げてきました。

獲物を、再確認してみましょうか?w









新生??ALTEC LANSING。

中国に買収されたアルテックですかね??

5cmくらいの小さなドライバーで、低域は全く出ません、バランス的には完全に高域寄りです。

その分、箱鳴りなどはなく、静かで綺麗な音でしたか??

まあ、バランスは良くなかったな、、、、。









JBL PLATINUM

これは、ガッツのあるJBLサウンドだったかも??

バランスは良かったですが、プラスティックの箱がブンブン鳴ってました^^;

CompaqのPCに付属していたものですね。





ALTEC LANSING

こちらは、バスユニットと、左右に2本ずつドライバーがついていました。

バスユニット不良で、音は完全には出ていませんでしたが、ユニット取りには美味しいジャンクでした^^;w










ALTEC LANSING ASC 57

2.1chのシンプルな構成。

しかし、左右のコンポーネントがプラスティックでペラペラ^^;

サブウーハーは、正常に動作していました。

サブウーハーのみ、現在現役で使ってます。





Logicool(ロジクール)Z120

ネットでは、評判の良いPCスピーカーでしたけど?

確かに、密閉で嫌味な音は出しませんが、すぐに飽きたかな?w





これはロジテックだったか??

部品取り目当てで、購入しましたが、薄い筐体で、バランスは良くありませんでしたね^^;

ただ、強度は結構あって、ビビリ音見たいな変な音は出しませんでした。

高域よりでしたが、ダクトからブオンブオンと低域が出ていて、中低域が抜けた感じの音だったかも??

あまりはっきりとは思い出せません^^;w





これらと比べると、陶器製のデスクトップスピーカーは、リビングで言う所の、38cm級の低音を吐き出してきます^^;

かるく40Hzは出てますよ。

8cmユニットの音は、リビングオーディオで使うと、距離による減衰のため、どうしても高域寄りの線の細い音になりますけど?

ニアフィールドで使う分には、距離による減衰がないので、迫力があります^^;

また、高域もかるく20kHzまで伸びているので、ほぼ全帯域をカバーしてくれますね^^

硬い陶器製で、強度が最も高い球形のエンクロージャーですから、ビビり音的なものは皆無です^^;

ただ、ユニットが890円の廉価ユニットなので、ユニットを入れ替えたいなとも思ってますけど^^;

まあ、これとパソコンのおまけを比較すること自体無理があるのか、、、、。


ただし、歴代使ってきた、PC用のスピーカーと比較すると、TimeDomain Miniは最も正確な音だと断言できますね!

比較対象が間違っていたのか???

もう少し、聞き込んでから、今後どうするか考えてみますかね??