さて、それでは、修理に挑戦だ!w






最初の予定では、正常な外観の筐体に、基盤を移植しようと思ってましたが、これがなかなか困難を伴うことを悟り、ジャンクボディの方を修復して、外装を移植することにしました。





歪みを修正してゆきます。





こちらも、、、、。





これなら、なんとかいけそうですね^^;w





折れたメインスイッチと、フロントパネルの当り傷。

これは交換ですね^^;





フロントパネルを外してゆきます。





外すとこんな感じ、、、、。





折れた電源スイッチ。

折れた部分だけを交換しようと思いましたが、どうも無理っぽい、、、、。

ということで、半田ごてで、電源部から外して、一式交換です^^;





トップパネルも、無傷のものと交換しました。





リアビュー!

外観は正常中古になりましたよ?w





動作確認。

見事完全復活じゃ!!w





受信感度は、前のやつより良くなってる!!w

この回路は当りだね!!w





早速、研究室の方に設置!





まぢか!!???w

うちは、山奥なのに??

シグナルはほぼ振り切ってるぞ!!

もちろん、ノイズはない!!





ちなみに、この前壊れたKT-8300は全く同じ条件で、こんな感じだったよ?w

これだけ、差が出るとは、、、、。

まあ、壊れかけだったからなのか??





このしょぼい、室内アンテナでだぞ!?w

これはすごい!!w


驚きだ!

無線機の精度で、できている!



わかるかな??

わかねぇだろうな、、、、、^^;

まあ、めでたいわ!w