機材は揃ってきた^^;

アンプは3つもいらなけどね^^;w

A10あたりの、重量級アンプが一台あったらいいかな??

ミニアンプとの、比較試聴が興味深いかも?w

まあ、それは、おいおい^^;





音源はiPhoneとアナログターンテーブル、あとはPCかな??

PCは、テスト波形とか、測定用に使う感じかな?

iPhoneの楽曲は全て圧縮なしの音源で揃えてみた。

試聴用に良い音源があれば、まだまだ追加できる。

とりあえず、音を出してみたかったので、その辺に転がっているものを集めてきて、片っぱしから聞いてみる^^;w

OTTOのミニコンポのやつ、ネットワークは改造してあるから、抜けはそこそこ良いか?

ちょっと、あちこち共振して賑やかな音??

と言っても、他と比べるまでは、そうも感じなかったけどね^^;





PIONEERのミニコンポ。

これも、チューニングしまくってるので、きりりと引き締まった感じながら、低域は40Hzくらいまで伸びている。

なかなか良いんじゃないか?w





VICTORのミニコンポ。

これは、ダメだな^^;w

音がペラペラしている、、、、。





ALTEC LANSINGのユニット。

ファンネルダクトの実験機に、ただかぶせただけ。

タイムドメイン仕様にはしていません^^;





まあ、7cmクラスのPCスピーカーなので、低域は全然です^^;

しかしながら、広域の美しは、息を呑むよう!

なんて清々しい音なんだ!

パイオニアが、こもった音に聞こえる^^;w

これを2.1chで使えば、相当良い線いくだろうね!

っていうか?

ALTECのPCシステムは、もともと2.1chで、うちにはサブウーハーもありますけどね??

サブウーハーもつけてみるかな??