荷物が届いた^^;w

早速開封!w





Lepy LP-V3S

ラボ・ビートのIさんに、お薦めされたアンプ。




開けてみる。





出てきた^^;w





フロントはこんな感じ。


Lepy LP-V3S

リアはこんな感じだぞ!w





同じ中華アンプのTA2024と勝負してみるか??w





まずは、デジタルアンプ!





華やかで力もそこそこあるけど、なんだか、丸い感じがするな、、、、。





続いて、LP-V3S

こちらは、アナログアンプです!





分解能が高く、めっちゃハイスピードな音か?

開封したばかりだから、少し暴れてる感じもしないでもない??w






とりあえず、実験用には必要十分かな^^;

いつも聞いてるスピーカーが、まるで別物に聴こえます^^;

実は、結構いい音だったのかも??w





Technics SU-V40

元のアンプに戻しました。

なんだか、素子がくたびれてる感じだね、、、、。

オーバーホールしたら、蘇るんだろうな、、、、、。

分解能も、空間表現もかなり劣るけど、でもこいつの良さは、聴き疲れしない、嫌味な音を一切出さないところか?

ボリュームを上げても、おかしな音にはならないしね、、、、。

LP-V3Sが実験用のアンプなら、SU-V40は、美人でもなければ、ケバいねえちゃんでもない、我が家の妻みたいな、ほっとする安心感のある音だな^^;w

まあ、長年連れ添ってきた音という感じか?w

デジタルアンプは、すぐに飽きたけど、このアンプは味噌汁の味がするな^^;w

ご馳走にはならないけどね、、、、。



↓ Lepy LP-V3Sは日本のAmazonで買えるよ!