MMIlions Candles Night IN KANAZAWA
NEX-5N CONTAX Planar 50mm F1.4

さて、これで最後、プラナー1.4/50ですね。

Gプラナーと比べると、ちょっと丸みというか、柔らかさを感じる描写です。




NEX-5N CONTAX Planar 50mm F1.4

テスト撮影ということで、この玉も絞り開放で使っています^^;




NEX-5N CONTAX Planar 50mm F1.4

明るさは、秀でていますね^^;

しかしF1.4という絞り値は厳しいかな^^;w




NEX-5N CONTAX Planar 50mm F1.4

ボケが大きくなりますね、、、。




NEX-5N CONTAX Planar 50mm F1.4

結像も甘いか??w




NEX-5N CONTAX Planar 50mm F1.4

やはり、この玉の場合は、絞り値を変化させた方が良かったですね、、、。




NEX-5N Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 AEG

こちらは、プラナー1.4/85 同じく絞り開放です。




NEX-5N Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 AEG

照明は、かなり暗くなっています。

もちろん、手ぶれ補正なしの手持ち撮影です^^;w




NEX-5N Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 AEG

大口径レンズだから、明るい!

とはいえ、開放F1.4の絞り値はピントが浅すぎますね、、、、。

口径を欲張らないレンズの、絞り開放の方が、絵は冴えると感じます。

同じ絞り値まで、絞ってみれば、結果も変わるでしょう?

しかしながら、小さなレンズは、小型軽量という点で有利です。

ましてやCONTAX Gレンズは、レンジファインダータイプのレンズなので、一眼レフ用よりもさらに小型で、それでいながら、絵は冴えていますね!

まあ、舞台撮影中心なら、F1.4のレンズで、絞り値とかも変えながら、試してみる価値はあるのかなとは、思いますけどね、、、、。

欲張らずに、単焦点3本くらいに絞って、攻めた方が、成果は大きいように感じました^^;