独特な透明感!





さすがに、持ちこたえられないか??w













透過光は??

やはりハイライトの限界点が低いな^^;













さて??

なんでござるか??w

分かんないでしょうね??









これですよ!w





NIKKOR-S.C Auto 50mm F2.8

ルビーの瞳!





柔らかいですね!

コントラストが強く出る玉だと、サビ猫のトーンは飛んでしまいがちですが、この玉は実に豊富なトーンを感じさせてくれます。

その分、強いハイライトを浴びると、ひとたまりも無い感じか??w

犬のコマも、ソフトフォーカスレンズのような柔らかさと、気品を感じます。

面白い玉ですね^^

オールドニッコールでしか、表現できない世界がある!

その分、決して万能レンズではなく、得手不得手の個性が強いですね^^;

これは、以前のマイクロニッコールのP.C Autoでも感じた事でしたが、、、。

玉としてはマイクロニッコールの方が使いでも良く、絵も安定していた感じでしたかね?

ただ、マイクロニッコールはS-Planarと比較すると、ちょっと出番は無い感じかな??w

その点、この1970年代のオールドニッコール1.4/50は、プラナー1.4/50よりもさらに柔らかい表現が可能な玉だと思いますね!