さて、文化祭ステージの最後を飾るのは、会場でもある小学生達の合奏ですが、、、。

あれだけの、名演を見せつけられた後だと、、、、。

この子達が、不憫でなりません^^;w

小学校の合奏じゃ、ギャップが激しすぎる、、、、、。

























最初は合唱、続いて合奏へと進んで行きます。





曲目は、リムスキーコルサコフ スペイン奇想曲

なんじゃそりゃ?w





ん??





なにゅ??





なんだこれは??






































































じぇじぇじぇ!

じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ!!!



まぢか!!

これが、小学生の演奏なのか!!!

あり得ん!!




驚いた!!

暁太鼓に勝るとも劣らない!!

一糸乱れぬ、完璧なアンサンブル!

曲の抑揚も、非常に感動的!


これほど、聴きごたえのある演奏は、ここ10年間余りを思い起こしても、皆無だ!

おそらく、選曲のセンスもあるんだと思う。

演奏の難易度がそれほど高くなく、聴衆に訴えかけるだけの内容を秘めている曲なんだろう。


そして、一番感じるのは、指導の音楽監督の真剣なまなざしだろう!

子供だからと言って、決してばかにしていない!

指揮をしている目が、真剣だ。


音楽を演奏するのに、子供も大人もプロもアマも関係ない!

純水に、真剣に音楽を楽しむ!!

それを、訴えているような眼差しに感じた。


今年は?

どうなってるんだ??w

レベルが高すぎるぞ!!!w





皆様、お疲れさまでした^^;