DSC-R1

今回は自分が生まれた家のあたりを訪れてみます。



DSC-R1

車を止める場所を探して、たどり着いたのがこの池のほとり、、、、、。



DSC-R1

この池ははっきり覚えていますね、、、。




DSC-R1

それにしても、タイムスリップでもしたかのような、、、、。

時が止まった感じがしてきます、、、。




DSC-R1

もう、45年前くらいかな、、、、、。

恐ろしく、何も変化していない感じが、、、、、。



DSC-R1

自転車に乗り換えて、目的地を目指します。




DSC-R1

良い意味で、のどかな??w




DSC-R1

南無阿弥陀仏




DSC-R1

ここにも、南無阿弥陀仏、、、、、。

この石碑は、幼い私の記憶にも残っていますね、、、、。



DSC-R1

この坂を上ったら、池があった、、、、。

当時、三歳か四歳くらいの私が、一人で池に行った記憶があります、、、、。




DSC-R1

この坂の雰囲気、45年前のその当時と何も変わってい無い気がします。



DSC-R1

そうそう、私の記憶の中にある池は、まさにこの光景です、、、、、。

本当に、恐ろしいほど何も変わっていない、、、、、、。




DSC-R1

焼きそば「たばた」、、、、、。

既に何十年も前に廃業したはずなのに、、、、、。

看板と建物は昔のまま、、、、。

ここの親父さんが、目の前で焼いてくれる焼きそば、、、。

うまかったなぁ、、、、。

世界一おいしい焼きそばだと、今でも思っています。

この地を離れた後も、何度も食べに行きました。

未だに、あれ以上おいしい焼きそばを食べさせてくれるお店を、私は知りません。












DSC-R1

確かこのあたり、、、、。



DSC-R1

まぢか!!!

これが私が生まれた家!



DSC-R1

まさか?

そのまま残っているとは、、、、。



DSC-R1

私が生まれたこの家は、おそらく私が4歳くらいの頃に人手に渡り、それから、私たちは数回点々と引っ越しを重ねます。




DSC-R1

両親は、ここで小さな機織り工場を営んでいたはず、、、、。




DSC-R1

既に築50年は超えているはずのこの家、、、、。

まさか、現存しているとは、、、、、。

嬉しくもあり、寂しくもあります、、、、、。

結局、この家は、あまり栄えなかったのかも知れませんね、、、、、、。

現在でも、人が住んでいる気配はありました、、、、。




DSC-R1

本当に、ここは時代の変化から取り残されたような、タイムスリップしたような、、、、。

不思議な場所でした、、、、。