↑NEX純正パンケーキレンズの時は、DSC-F77にこてんぱんにやられましたが^^;

今回はNEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8で勝負です!!

お題は「蝉」



DSC-F77



DSC-F77



DSC-F77



DSC-F77

やはり、コンデジのマクロ機能は侮れませんね^^;

NEXもたじたじでしょうか??w

ただ、絞りの形は最悪><;

DSC-F77は二枚羽の四角形絞りですね、、、、。

周辺光量が低下するので四角形の方が光が均等になるのは理解できますけど、、、、。

背景としては、頂けませんな、、、。




NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

今回は接写リングは使用していません。

Distagon単体での最短撮影距離付近での描写です。

コンデジと違って、ぼけの滑らかさや、立体感はよく描写していると思いますが。

コンデジマクロ独特の雰囲気は、このレンズでは出せない感じはしますかね??

実焦点距離だと、7mmと28mmという違いがあります。

7mmに比べると、28mmでもぼけ味が楽しめる焦点距離に感じられてしまうのでしょうか??



まあ、描写の違いが大き過ぎて、どちらも使い方次第で表現の幅が広がると言う感じでしょうか??

ただ、メモカメラとしてのDSC-F77の能力は立派かも知れません^^;