当時は、女性モデルさんの●慰シーンや●●のモザイク処理、少年の撮影シーンが●●●を連想させるなど、●T●のおば様方から猛烈な苦情が●●委員会にはいり、●●委員会から各放送メディアへ重大なクレームとして通達され、すべての放送メディアで全面放送禁止となりました。


くそったれなクレームを出しやがって・・・とは思いましたが、●●委員会と全面戦争したことろで放送禁止が解除されるわけでもなく、悔し紛れにネタにしていたくらいでした。


19才という曲は。あの充満して爆発しそうな思春期のニオイこそが曲の持ち味です。


安全で楽しい清潔なミュージックビデオなんかできるわけもない。


しかし、体制にかみついてもしょうがないので、静観するしかありませんでした。




時は流れ今回、ニューリリースのビデオクリップ集への収録が可能になったのですが、当然これにも制約・制限が付きます。


いわゆる「オールプレイモード」では、「19才」はスキップされてしまいます。


見る意思をもって「19才」のボタンをクリックすると、はじめて視聴が可能になります。

< ↑ 本人談>






これは、かなり強烈です!

それでも、それが思春期なんだとは思いますけどねぇ、、、、^^;

見てみる??w