CONTAX167MT Sonnar135mm F2.8

さて、実際にフィルムカメラのCONTAXで撮影した映像を元に、焦点距離ごとの接写リングによる表情の違いをまとめてみました。

小型望遠レンズのSonnar135mmですけど?

まあ、いかにもと言う感じでしょうか??

もう少し、気の利いた写真もあったはずですが^^;w




CONTAX 167MT Planar85mm F1.4




CONTAX 167MT Planar85mm F1.4





CONTAX 167MT Planar85mm F1.4





CONTAX 167MT Planar85mm F1.4

いわゆる、大口径レンズらしい描写ですかね??

くそ重たいだけの事はあります^^;w





CONTAX167MT MakroPlanar 60mm F2.8C





CONTAX167MT MakroPlanar 60mm F2.8C





CONTAX167MT MakroPlanar 60mm F2.8C

勿論、元々マクロレンズなので接写リングは不要ですけど??

小型のCタイプにリングをかませる事で、等倍くらいまでは接近可能になります^^

描写は、安定していて、一番シャープな感じですね。





CONTAX167MT Planar50mm F1.4

これが、プラナー50mmの天然ぼけの描写ですね^^

接写だと同じような画角のMPlanarとの違いがはっきり出てきますよね??

これ?

デジタルだと??

どんな表情になるんだろ??




CONTAX 167MT Distagon35mm F2.8

さすがにDistagon35mm F2.8で、接写リングと言うのはあまり試してませんが、、、。

広角マクロ!

と言う感じが出ています。

案外行けそうかも??w

しかしながら、NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8では、こういう広角独特の表情は出てこないですねえ、、、、。

中心部しか使えないですし、換算焦点距離42mmですからねぇ、、、、。




CONTAX167MT DIstagon18mmm F4





CONTAX167MT DIstagon18mmm F4

これが超広角マクロ撮影です!w

こう見えても、花との距離は20cm前後です。

元々30cmまで寄れるレンズに、7.5mmの接写アダプタをかましています。

13mmのアダプタじゃ、使えないでしょうねぇ、、、、^^;


こうやってみると、焦点距離ごとの接写アダプタの効果と違いが分かると思いますが、、、。

どうなんだろ???w