dsc001



投稿者: VictorMusicChannel | 作成日: 2011/03/04
2011年3月16日リリース4TH MAXI SINGLE「ルーキー」。
Dir:島田大介。

【初回限定盤仕様】■「SAKANAQUARIUM 2011"ZEPP ALIVE"」ツアーチケット先行抽選予約シリアルナンバー封入 <受付期間>3/16(水)12:00〜3/28(月)23:59
■CD-EXTRA仕様:M-3「Montage」Music Video収録
オフィシャルサイト:http://sakanaction.jp/
レーベルサイト: http://jvcmusic.co.jp/sakanaction/



評価の高いコメント

曲がり角を早足で通り過ぎる一郎 風船を持った女の子とぶつかったことに気付かず早足で急ぐ一郎 その先には必ず、倒れた女性。

間違った選択肢をえらぶと何度も振り出しに戻らなければならない ゲームのように、幾十にも重なった夢の内容は繰り返され やがて一郎は曲がり角で歩幅を緩め、周りを気にする余裕を持って 歩き 最終的には女の子にもぶつからず、その先には女性も倒れていない 。

しかし不意に何か恐ろしいことを思い出したように慌てて後ろを振 り向いてしまう。

視線を前に戻すとそこには、女性が倒れていた。

何かに追われるように歩く人。

何かとは、つきまとう恐れや、悲しみ。

心の内に潜む闇、弱さ。 それらを無意識に抱えながら急ぎ足で歩く。

悲しみは時として夢の世界で浮き彫りになり 一郎が女性に変身する描写→女性は一郎の恐怖や悲しみ 後をつけてくる恐怖や悲しみは、実は自らの内にあるから、決して 逃れることは出来ない。

悲しみを忘れて歩いていても、不意に恐くなって振り返ってしまっ たらアウト、 前を向いた時には悲しみが横たわっていて、もう先には進めない。

て感想。

「悲しみと同じ歩幅で歩いた夢を見たんだ」

uzumakiquruli




倒れている女性におびえる山口さん。

そしてその倒れている女性も山口さんだった。

人は自分におびえて生きていく。

おびえながらも必死に生きている。

新しい可能性を求めて必死に生きている。

ってことなのかな…

深い。

MrPorno014






※本MUSIC VIDEOは、当社基準のレベル調整を行いCDの音質よりも劣化した音源をUPしています。
アーティストの音源を是非CDにて聴いて欲しいというビクターエンタテインメント株式会社の意図によるものです。


そう言えば、、、、。

YouTubeからピッキングしてiPhoneで聞いたら、モノラルだった??w

なんて、曲もあり、慌ててiTunesから購入した事もありましたねw


YouTubeは諸刃の剣で、売り込みには良い手段だけれども、YouTubeで聞いて満足して、一向に買おうとしない人も多いと言うのか??

最近ではそれが主流かも知れませんね^^;

音楽にお金を払って買うと言う習慣に全くなじみがないと言うのか、、、、^^;

事実CDの売り上げは急降下で、ネット配信もそれを埋め合わせるだけの、販売数に達していないのだとか、、、、

YouTubeで聞き逃げ!

が急増してるんでしょうねぇ、、、、。