NEXとの組み合わせでは難ありの描写結果となった。
周縁部で色かぶりが顕著で、特に横位置の左右(縦位置の上下)が明らかにマゼンタかぶりしてしまうのだ。背景を選んでも色かぶりが目立つため、カラー撮影はかなり厳しい。

↑この記事を読んでしまうと、ちょっとBiogonは使う気にならない、、、^^;

同じような偽色(マゼンタ被り)はZMのBiogonでも起こるし、Biogon35mmZMマウントでも、わずかに発生するようだ、、、、。

G1のレンズがNEXで使えると言っても、あのエリマキトカゲみたいな、ピントリングはやる気が萎えてしまう、、、、^^;w

と言う事で、あえてレトロフォーカスのDistagonを選択したわけですが、、、、。

はたして??

偽色は発生しないのか??

はたまた??

その実力のほどは??


ようやく、300コマほど、良いコンディションで撮影が出来ましたので、検証してゆく事にしましょうか??







NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

昼間の猫

黒色でも、偽色の発生はほとんど感じません。




NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

質感の描写はさすがはZeissと言う感じでしょうか??



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

青空が写り込む写真でも、周辺光量の低下はわずか。

偽色らしき物は見当たりません。



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

こちらも良好ですね^^;



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

細い枝も、きちんと描写できています。



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

こちらも、なんとか大丈夫のようです、、、、。



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

色彩の美しさは、Zeiss品質です!!w



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

絞りは開放!

絞ると、ギザギザになりますけどね、、、、、。



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

なかなか良い感じ^^;w




NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

街を抜けて、、、。



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

ここは片町スクランブル交差点。



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

海に出てみました、、、、。

続きはまた明日^^;