DSC-R1

わずかな晴れ間をついて、出動!!w

日が射すと、あっという間に散ってしまいますからねぇ、、、、。



DSC-R1



DSC-R1



DSC-R1



DSC-R1



DSC-R1



DSC-R1



DSC-R1



DSC-R1



DSC-R1



DSC-R1



DSC-R1



DSC-R1

また、あっという間に雲に覆われてしまいました^^;



夕べNEX + Biogon21mmの画像をいくつか見てたんですけど、、、、、。

さすがに、Biogonだと受光素子からの距離が短過ぎて、空が写り込むようなシーンでは、周辺光量の低下が著しいですねえ、、、、。

予測はしてたんですけど、これほどまでにか!!??

と言う感じでした^^;




article105


DSC-R1の場合、レンズの後玉と、受光素子はわずかに2mmしか離れてませんけど、レンズの後玉が受光素子を覆い尽くす口径になっていて、理想的な角度で、光が当たるようです。

デジタルの場合、レンジファインダー仕様にする為には、レンズそのものを、受光素子に合わせて再設計してやる必要があるんでしょうか??

むしろ、受光素子は大きすぎない方が有利なのか??

まあ、ソフトウェア補正かけてしまえば、それで済むのか??w

なんだかなあ、、、、。