Flavor Of Life
Flavor Of Life
クチコミを見る



2007年3月3日、仕事などお互いの生活のすれ違いを理由に紀里谷和明と3月2日に離婚したことを、U3MUSIC公式サイトの日記「Message from Utada Hikaru/Utada」にて報告した。

2007年7月18日、「Flavor Of Life」の音楽配信が総計700万ダウンロード(内、PC向け配信:プラチナ(25万DL)、着うたフル:トリプル・プラチナ認定(75万DL))を突破し、デジタルシングル世界1位となったことを英EMIが発表した。

同月、オリコンが実施した「音楽ファン2万人が選ぶ好きなアーティストランキング」で2004年以来3年ぶりに1位を獲得した。
そして2007年10月4日、宇多田の楽曲のダウンロード数が1000万ダウンロードを突破した(1アーティストの年間配信数で1000万件突破は世界初。2007年1月から9月末までの9か月間のみの集計)。



Flavor Of Life

宇多田ヒカル の シングル
収録アルバム HEART STATION
B面 Flavor Of Life -Ballad Version-
Flavor Of Life -Antidote Mix-
リリース 2007年2月28日
ジャンル J-POP
時間 25分49秒
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 宇多田ヒカル
プロデュース 宇多田ヒカル,三宅彰 and 宇多田 Skingg 照實

ゴールド等認定
CD:ダブル・プラチナ
着うた「FOL -Balld-」:2ミリオン
着うた「FOL」:ミリオン
着うたフル「FOL」:ミリオン
着うたフル「FOL -Ballad-」:ダブル・プラチナ
PC配信「FOL」:プラチナ
PC配信「FOL -Ballad-」:ゴールド
(日本レコード協会)

2007年度 JASRAC賞金賞
チャート最高順位
週間最高順位1位(オリコン)
2007年3月度月間順位1位(オリコン)
2007年4月度月間順位5位(オリコン)
2007年度年間順位2位(オリコン)
iTunes Store年間ランキング1位
デジタルダウンロード数世界第2位


TBS系列ドラマ『花より男子2(リターンズ)』のイメージソング及び挿入歌であり、宇多田ヒカルがこのドラマの為に書き下ろした曲であるが、ドラマで使用されていたのはCDの2曲目に収録されている「Flavor Of Life -Ballad Version-」のみ。
PVもこのバージョンのみ制作された。

なお、5年ぶりにドラマへの楽曲を提供した曲でもある。

宇多田自身、ドラマの原作漫画を愛読し、ファンだった事から楽曲提供を引き受けた。歌詞などは特にドラマの視聴者層を意識して、比較的分かりやすくしたという。

最初に出来上がったオリジナルバージョン(CD1曲目収録)をドラマ関係者に聞かせた所、「バラードにして欲しい」との要望が出たため「-Ballad Version-」が作られた。
なお、「-Ballad Version-」のアレンジは宇多田本人は少し携わった程度でほぼ違う人にアレンジを頼んだ形となった。
オリジナルの物と、バラードの物とではテンポや演奏に大きな違いがあるが、歌詞、キーの高さなどは全て同様。

CD発売前に着うたが解禁。
すると、史上初リリース前に着うた200万ダウンロードを達成。
さらに、発売後約一ヵ月半にして着うたなどの音楽配信総数が558万ダウンロードを達成しさらにCDの出荷枚数が72万枚を突破した。

7月18日には英EMIが、音楽配信数の総計で700万ダウンロードを突破しデジタルシングル売上世界1位となったと発表。

また、ダウンロード購入にユーザーが流れたこともあってか、CDの売り上げは若干伸び悩み、70万枚強でミリオンヒットとはならなかったが、着うたフルとの合計での売上換算は約139万枚となる。

IFPIの調査によると、2007年中に720万ダウンロードを達成し、同年度のデジタルシングル売上世界2位を記録した。
このランキングではこの年世界中のチャートを賑わしたリアーナの「アンブレラ」すら上回ったが、約10万ダウンロード差で1位のアヴリル・ラヴィーンの「ガールフレンド」には届かなかった。

2008年7月3日時点では818万ダウンロードを達成している。

オリコンシングルチャートでは「Be My Last」以来1年5ヶ月ぶりの初登場1位を記録し、その後3週連続1位を獲得。
週間連続1位は2007年においてこの作品のみである。
同チャート3週連続1位はKAT-TUNの「Real Face」以来10ヶ月ぶり、女性アーティストとしては浜崎あゆみの「Voyage」以来約4年5ヶ月ぶり、自身では「光」以来約4年11ヶ月ぶりの記録となった。

なお、二週目の売上は14万だが、2007年にリリースされた作品で2週目の10万越えは唯一の記録である。

また、年間チャートは「traveling」以来の2位を記録し、2007年リリースのシングルでは最も高い売上となった。

iTunes Storeではオリジナルバージョンが年間1位となり、昨年の「Keep Tryin'」に続き2年連続で年間1位となった。

2007年10月5日O.A.の「ミュージックステーション・泣き唄ランキング」では、「-Ballad Version-」が1位を獲得。

収録曲

作詞・作曲: 宇多田ヒカル

Flavor Of Life(編曲:宇多田ヒカル)
Flavor Of Life -Ballad Version-(編曲: 宇多田ヒカル、Alexis Smith and 冨田謙 / ストリングス・アレンジ: 宇多田ヒカル、冨田謙 and 山本拓夫)
Flavor Of Life [Original Karaoke]
Flavor Of Life -Ballad Version- [Original Karaoke]
Flavor Of Life -Antidote Mix- (CD Only Bonus Track)(編曲:Alexis Smith)
シングルでのボーナストラック及びCD限定曲は今回が初。





TBS系ドラマ「花より男子2」のイメージソングとしてブレイク。
CLIPは一発録り で行ったレコーディングの雰囲気をドキュメンタリータッチで再現。
当時デジタルにおける配信数で世界記録を更新した。



宇多田が普通に曲を作ると、最強!!

と言う、見本のような曲。


紆余曲折を通って、たどり着いた一つの境地。


これは、本当に良い歌だと思います。

時に宇多田ヒカル、24歳でしょうか?

良い意味で大人になったと感じますねえ^^


バラードバージョンは、要請があって作られたんですか??

通常バージョンの方が良いと思いますけど??


編曲も、バラードバージョンは丸投げしてるし??

PVからも、普段は全て(作詞、作曲、編曲、打ち込み)自分でやってるんで、ちょっと違和感のような物も、、、、。

それはそれで、新鮮な体験でもあったのかな??


自分の曲で、他人から「ここんとこ、もうちょっと、こうして」見たいに指示されて、戸惑っている感じも見受けられるんですけど??w






Flavor of Life - EP - 宇多田ヒカル