Be My Last(DVD付)
Be My Last(DVD付)
クチコミを見る


2005年9月に14thシングル「Be My Last」を発売し、その後も立て続けにシングルを発売。
再び日本での活動が盛んになった。

Be My Last(ビー マイ ラスト)は、2005年9月28日にリリースされた、宇多田ヒカルの14thシングル。

概要

宇多田のシングルとしてはおよそ1年5ヶ月ぶりのシングルである。
『EXODUS』を作り終えてまもなく曲を書き始めていたという。

CDのみ、CD+DVDの2種類で発売。この形態での発売は今作品が初めてである。

2005年10月公開の映画「春の雪」の主題歌として使用された。
前作「誰かの願いが叶うころ」に続いて自身2度目。

PVとジャケットはチェコのプラハで撮影。
なお、PV中で宇多田をはねた車は、チェコの自動車会社(現在は乗用車から撤退している)であるタトラ社製の「603」という車種である。

2005年11月11日放送のミュージックステーションにて伴奏にチェロのみを起用したスペシャルバージョンが披露された。
また、このチェロのみのバージョンは後のUTADA UNITED 2006においても披露された。

アルバム収録は2006年発売の4thアルバム『ULTRA BLUE』である。


収録曲

Be My Last(作詞・作曲・編曲:宇多田ヒカル)
伴奏はギター一本のみで構成されている。アレンジにキーボードが全く使われていない楽曲はこの曲のみ。




005年9月28日発売 14th Single ( 映画「春の雪」主題歌)。
PVはチェコのプラハで撮影された。
第20 回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。



22歳の宇多田ヒカル。

ちょっと、シュールな方向へ向かおうとしているのか??

その時々のコンセプトに応じてなんでしょうけど??


なにか?

ピュアな物を求めているように感じられますかね??

自分を研ぎすまそうとしているような、、、、。





Be My Last - Single - 宇多田ヒカル