さてさて、とりあえず片Ch完成しましたので、音だしして見ました。




真ん中のが、新しいやつです。




一番左が、同じドライバーの、旧タイプのやつです。




5cmユニットですけど?

TAKE5シリーズの試作品の完成^^;w




ドライバーのえくぼが痛々しい><;




逆ホーンのショートバージョンと言う感じかな??




後ろから見ると、アリクイ??

みたいな??w




後ろ側のキャビネットの、ネジ位置が今後の課題か、、、、。





もう少し、前足が短い方が良いのか??





重心を、もう少し前よりに振った方が良さげ??




もう片Chは、Season4仕様のまま、しばらく比較対象として置いておきます。

とりあえず、1時間ほど鳴かせて、比較してみましたが、先ず、目視で違いが分かるのは、ユニットのふらつきです。

バスレフでテューニングした方は、低音に合わせて、ふらふら揺れますけど?

逆ホーン仕様は、ユニットが静止しているような印象を受けます。

まあ、微かにふらつきは見られますが、バスレフ仕様に比べると、格段に振幅は少ないですねえ、、、。


細かい所は、測定しながら、データで比較してみたいと思います。

その後、2Ch完成ですから?

本来の音を聴けるのは、まだ先になりますねえ、、、、。





にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ