DSC-R1

炭焼き小屋です。

決して、小火ではありません^^;w

暑さ、寒さも、彼岸まで、、、、。

昔の人はよくいった物です。

本当に、彼岸の中日を境に、秋モードに切り替わりましたねぇ、、、、。




DSC-R1

籾殻を焼く煙でしょうか?

山里の秋と言う感じですねぇ、、、、。



DSC-R1

曼珠沙華

彼岸花も、一斉に咲き出しました。



DSC-R1

DSC-R1の唯一の欠点は、ぼけの堅さかな、、、、。



DSC-R1

非常に撮影の難しい花です。



DSC-R1

どこにピントを持ってくるかによって、大きく表情が変化しますね。



DSC-R1

どこか?

もっと、群生している所はありませんかね??

上越新幹線に乗った時、田んぼの周り一面に咲いているのを見た記憶があります。




DSC-R1

犀川の上流




DSC-R1

わらを干している所、、、、。



DSC-R1

決して、米ではありませぬ、、、、、。

どうせなら??

天日干し米にすれば?

いんじゃね??

脱穀機がないのか??w




DSC-R1

夕方には日暈がかかり、夜には雨が降り出しました、、、、。

秋モード、全快ですね!

秋の長雨??

そんな気配も、、、、、。



さて、新しいカメラがどんどん出てくるわけですけど?

なんだか?

DSC-R1の絵を見ていると、別にこれで十分じゃね??

と、感じてしまいます^^;

article105



T※コーティングされたバリーゾナー、レンズシャッター、レンズの後玉から受光素子まで2mmと言う構成で、しかも、後玉が受光素子を完全に覆い尽くしているレンズレイアウト、、、、。

こんなレンズ、他であまり見かけないように思います。


Carl Zeissが、超弩級コンデジ専用設計したレンズというか?

レンズに、カメラが着いた感じというか、、、、。


ミラーレス一眼とか??

流行りだしましたけど??

別にDSC-R1をそのまま進化させて、同じコンセプトの、単焦点Biogonモデルとか出してたら、最強だったのにと思います。

デジカメの進歩って?

何だったんでしょうか??

やっと、最近DSC-R1に近づきつつあるような気がしてくるのは??

私だけ??w