お彼岸ですね、、、、。

今年も、21日は花巻の地では、賢治際が開催されたのでしょうか??

20年に渡り、18回開催した「イーハ陶房賢治際」今年は、しばらく見送りとなりました。


20世紀末には、先生を慕う人々が、たくさん集ってくれました。

今でも、懐かしく思い返されます。


「サラリーマンになるな!

 立派な農民になれ!!」



先生の、その言葉が、今は身に沁みています、、、、。

サラリーマンにもなれず、かと言って芸術で身を立てる事も叶わず、、、、。

バイトを掛け持ちしながら、なんとか日銭を稼いでいる毎日です。



娑婆世界は、まさに末法の世の有様です。

異常気象、民族や、国家のぶつかり合い、、、、。

自然災害も多いですね。



曾つてわれらの師父たちは乏しいながら可成楽しく生きてゐた
そこには芸術も宗教もあった
いまわれらにはただ労働が 生存があるばかりである
宗教は疲れて近代科学に置換され然も科学は冷く暗い
芸術はいまわれらを離れ然もわびしく堕落した
いま宗教家芸術家とは真善若くは美を独占し販るものである
われらに購ふべき力もなく 又さるものを必要とせぬ




まるで、先生が予言していた通りの世の中になりました。

先生ご在世の当時も、同じだったのかも知れませんが、、、、。


今、我らを癒してくれる物は無く、ただ、娯楽、享楽という乾いた笑いがあるだけです。

退屈しのぎにはなりますが、心を救う物ではありません。





いまやわれらは新たに正しき道を行き われらの美をば創らねばならぬ
芸術をもてあの灰色の労働を燃せ
ここにはわれら不断の潔く楽しい創造がある




勿論、まだ諦めたわけではありません。

自分の魂の中には、まだ、芸術の炎は微かに灯っております。

機関車の様に突進するだけのエネルギーはもう衰えましたが、一足ずつ、進んでゆくだけの余力は残しています。




強く正しく生活せよ 苦難を避けず直進せよ


強くはありませんが、正しく生活する事を、心がけています。

社会とか法規とかではなく、自分自身に取って、正しく生きる道を、見極めようと努力しています。




なべての悩みをたきぎと燃やし なべての心を心とせよ
風とゆききし 雲からエネルギーをとれ




いかなる苦難も、与えられた修行であり、無駄な修行は一つもない、、、、。

少しずつですが、それが分かってきました。

苦渋を舐めただけ、人は成長します。


風や雲からエネルギーを撮る人も増えてきました。

今の娑婆世界には、写真機が相当数普及しており、富裕層でなくても、芸術写真を写して公開できる世の中になりました。

ただ、風や雲から直接言葉を聞き、それをエネルギーに変えるだけの技を持った人は、だんだん少なくなってきましたね。

それは、一つの「術」です。

そう言う「術」は失いたくないですね、、、、。





職業芸術家は一度亡びねばならぬ
誰人もみな芸術家たる感受をなせ
個性の優れる方面に於て各々止むなき表現をなせ
然もめいめいそのときどきの芸術家である
創作自ら湧き起り止むなきときは行為は自づと集中される
そのとき恐らく人々はその生活を保証するだらう
創作止めば彼はふたたび土に起つ
ここには多くの解放された天才がある
個性の異る幾億の天才も併び立つべく斯て地面も天となる




確かに、職業芸術家は、次々と失職してますね。

お金のためではなく、芸術を生きる道、、、、、。

おそらく、それは、どこか遠い世界の話ではなく、自らの足下に開かれている道なのだと思います。

獣道ほども無い、草わらの中の、か細い道なのだと思います。

よほど注意して見ないと、見つける事すら叶いません。

それを、見つけうる人は、凡夫に見えて、天才なのでしょうか??




まづもろともにかがやく宇宙の微塵となりて無方の空にちらばらう
しかもわれらは各々感じ 各別各異に生きてゐる
ここは銀河の空間の太陽日本 陸中国の野原である



自分の立っている位置が、どこなのか?

それを知る事から、始めなければなりません。

どこかの地方都市??

都会の駅のプラットホーム??

何も無い、片田舎の田んぼ道??


いえいえ、そうではないですよね??




ここは、銀河宇宙のまっただ中です!!




自らの足下から、広がる世界、、、、。

それは、全宇宙のまっただ中です!

狭い世界しか見ていないから、気がつかないだけですよね??




新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある
正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである
われらは世界のまことの幸福を索ねよう 求道すでに道である



世界が一つに結ばれると言う先生の予言は、もうインフラは整っています。

インターネットはまさしく世界を一つに結び、一つの意識になる事さえ可能です。

実際に、災害の救援とか、芸術家達が呼びかけて、音楽を通して、世界中から救援の手が差し伸べられるような事例も目の当たりにしました。

しかしながら、誹謗中傷とか、お金儲け目的で使われる事の方が実例としては多いかもしれません、、、。

全ての人類が、銀河のまっただ中に立っていると言う意識に目覚めた時、まことの幸福が訪れるのでしょうか??




さて、宮沢賢治先生、、、、。

私は、既にあなたが菩薩の世界に旅立った年齢を10歳も超えてしまいました、、、、。

今の私が、悟った事があります、

それは、、、、。

世の中は、思い道理にはならない、、、。

しかしながら、信じて行いを貫いた暁には、、、、。

思っても見なかった結果が待っている!




と言う事です。

確かに、思い通りにはなりません。

思い通りにならないから、幸福になれない??

それは違います。

正しく強く生きる事を貫くとき、結果は思い通りではなかったけれど、自分が思っても見なかった、善果を得る事が出来る!

それは、まさしく智慧であり、悟りなのだと思います。

そう言う小さな悟りの積み重ねが、やがて大きな悟りを得る結果を生むと信じ、正しく強く行きてゆく事を、先生にお約束したいと思います。




2010年 彼岸中日 

でくの 拝