_DSC1153


さて^^;
ALTEC A3355のロード2仕様の箱と、ALTEC A2156の直接対決を試みました^^;w

さて?
感想は如何に??





_DSC1155


まあ、どちらもALTECの8cmユニット何で、そう変わりはないかな??
と、考えていましたけど、実際の聴感は驚くほど違います、、、、、。

実際にはseason3の箱は、仮組で、まだ、バスレフのダクトのチューニングさえしていない状態ですけど^^;

聴いた感じで言えば、A3355の方がワイドレンジで、低い音も高い音も良く出ていて、澄み切った感じの印象で、情報量も多いように聞こえます。

A2156の方は、ナローレンジで、ボーカルが誇張された?感じの鳴り方をしますね。
この感覚は、先回のSA/F80AMGと聴き比べたときの印象にかなり近い感じです。

やはり、A3355の方がボーカルが引っ込んでしまう様な鳴り方に聞こえますね。
逆に、A2156の方は、ボーカルは聴き取りやすい物の、全体的にがさつで、歪み感の多い音に感じます。

この二つのユニットで、これほどまでに聴感上の差は無い物と思われますので、音の差は、そのまま箱の差と考えて良いでしょう、、、、。


_DSC1156

ALTEC A2156

3355が十分にチューニングして、詰めてあるのに対して、2156の方は仮組状態なので、ダクトの風穴から、嫌み成分が山ほど漏れだしていて、低音が出ないわ、高音は漏れだしているわ、、、、。
まあ、きちんとチューニングしないと、何とも使えない状態でしょうか?

ダクトが無いので、低音は全く出ていない状態です^^;

しかしながら、ボーカルの聴き取りやすさは、何か裏面にマウントしたせいで、ショートフォーン効果が付加されている感じもします。

だとすれば?
SA/F80AMGもこの箱に入れて、詰めて行けば、ボーカルが引っ込んでしまう感じから、歌ってくれる感じになるんでしょうか?w


_DSC1157

ALTEC A3355

逆に、こちらの箱だと、中域が絞られたような鳴り方になるんですかね??

少なくとも、こちらの箱と比較して、遜色がない、いえ、凌駕するような音にまで持って行きたいと考えています。

ダクトに関しては、成型時に既に一体化して作り上げてしまってしまう方が正解なのかな??
そんな感じもしています。

チューニングは、ストローを差し込んで、長さを変えて行くことで、同じ長さのダクトでも後々チューニングは可能だと思われますしね、、、、。

まあ、ロード2の箱の音の完成度は、意外と高い??
感じはしましたw

(自画自賛かよ?w)