ホンダ「FCXクラリティ」の開発 - 日経Automotive Technology - Tech-On!
ホンダは新型燃料電池車「FCXクラリティ」のリース販売を開始した。これまでの燃料電池車のイメージを打ち破る、低く流麗なデザインが特徴だ。
3年で200台という生産台数にもかかわらず、あえて専用の車体を採用した開発者の意図はどこにあったのか。



 ホンダは2008年11月、新型燃料電池車「FCXクラリティ」のリース販売を日本の官公庁や一部民間企業向けに開始する。
これに先立つ2008年6月に、米国で最初に納車する5組の個人顧客を発表した。
リース料は、月間600ドル(6万6000円:1ドル110円換算)という破格値と伝えられる。
既に7月末には、第1号車がサンタモニカ在住の映画プロデューサーに納車された。


月に6万円強ほどですか!?

このくらいの値段であれば、十分に引き合いがありそうですね。
勿論、水素スタンドが近くにないと実用にはなりませんけど^^;

量産が可能になれば、半分以下くらいには引き下げも可能ですよね?
エンジン搭載車では、絶対に実現不可能なデザイン!

これは、こだわって欲しいですよね?

優れていることよりも、美しいこと、格好いいこと、クールであること、、、、。
こういった美学がなければ、新しい物に対する魅力は半減してしまいます。

テクノロジーとデザインの融合こそが、燃料電池の未来を切り開きます!

▼関連記事

“市販車”だけど買えないFCXクラリティ - [国産車]All About
ホンダが発表した最新の燃料電池車「FCXクラリティ」に試乗したら「もう普通のクルマとして売っても何ら問題ないのではないか?」と思った。ホンダの開発陣にそんな印象を述べたら「このクルマは市販車ですから」だって。確かにアメリカでは一般市民へのリース販売(月間6万6000円)も始まっている。

「だったら私にも売って欲しい」と言ってみたところ「それは無理です」。
なぜアメリカではリース販売しているのに(といっても宝くじに当たるような確率らしい)、日本だとダメなのか。こらもう簡単。
ホンダによれば「アメリカと文化が違うため月間6万6000円だと収拾が付かなくなってしまいます」。