【CEATEC】ST社の燃料電池,「正式カートリッジを使えば電解質の乾燥は防げる」 - デバイス・イノベーション - Tech-On!
 伊仏合弁STMicroelectronics社(ST社)は,2008年9月30日から幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2008」で,携帯機器向けマイクロ燃料電池のデモンストレーションを行っている。

 ST社のマイクロ燃料電池は,燃料電池コア・ユニット(FCCU)と電力管理ユニット(EMU),
水素ガスをためるチャンバ,バルブやコネクタで構成している。
燃料は低圧の水素ガスである。
水を使った水素発生器により低圧水素を発生させ,燃料として供給する方法を採用する。
カートリッジには水をためているため,安全性が高いとする。カートリッジについては,大手カートリッジ・メーカーと共同開発中である


ん??
ちょっとまて!?w

水を使った水素発生器により低圧水素を発生させ とありますけど、、、。
どうやって?
水素を発生させてるんでしょうか???

まさか?
電気を使って、電気分解なんて??
事はないですよね?^^;w