【CEATEC】東芝が燃料電池をいよいよ製品化へ,2008年度中にも携帯機器で - デバイス・イノベーション - Tech-On!
東芝は,ダイレクト・メタノール型燃料電池を搭載した携帯機器を2008年度中に発売する方針を明らかにした。
CEATEC JAPAN 2008において,同社ブースの担当者が述べたもの。

同社はこれまで,各種の展示会などで試作機を展示していたが,実際の発売予定を明らかにするのは今回が初めて。
燃料電池を搭載した携帯電話機をCEATECに展示している。

 今回展示したのは,auの携帯電話端末「W55T」にダイレクト・メタノール型燃料電池を組み込んだ試作品である。
燃料となるメタノールは専用のカートリッジにより充填する。
内蔵のLiイオン2次電池を燃料電池で充電しながら駆動できるため,一度燃料を充填すれば,2次電池単体に比べて駆動時間は約2倍になるという。


むむ、、、、。
ハイブリッドですか?w

やはり二次電池がないと、精密機器を動作させるだけの安定供給は難しいんでしょうか??
ウルトラキャパシタの方が、寿命が長いのでキャパシタで行って欲しいですけど^^;

【CEATEC】東芝が燃料電池をいよいよ製品化へ,2008年度中にも携帯機器で - デバイス・イノベーション - Tech-On!
最初はカートリッジ1本で数百円程度になるが,最終的には百円程度の金額を目指すという。

東芝は今後,デジタル・カメラやノート・パソコンなどに燃料電池を搭載していく方針だ。一種類のカートリッジを活用して,燃料電池を搭載した各種の製品に燃料を充填できるようにする。


いよいよ登場するんですかね??
2008年度中と言うことは、、、。
来年なのか?w