三菱ガス化学,出力300Wの燃料電池可般型電源装置を展示,セルの出力密度は130mW/cm2 - 電子部品テクノロジ - Tech-On!
 三菱ガス化学は,2008年9月10日から12日まで東京ビッグサイトで開催された第5回ECO-MAnufacture2008(製造業環境・エネルギー対策展/技術会議)で,燃料電池による可般型電源装置を出展した。

 アクティブ方式のダイレクト・メタノール型燃料電池(DMFC)を内蔵しており,出力は300W(AC100V)。4Lの燃料タンクで,約8時間連続稼働する。外形は幅380mm,奥行450mm,高さ300mmで,乾燥重量は22kg。燃料には濃度54%のメタノール水溶液を使う。

 電解質膜には米DuPont社製の固体高分子膜「Nafion」を使い,触媒層や電極,セパレータなどの形成に独自技術を取り入れたという


300Wですか?
野外電源としては、かなり使えそうな容量ですね。

従来のイベント用エンジン発電機に比べれば、騒音も少ないでしょうし、環境にも有利でしょうか?
こういった電源への受領は結構あると思われます。

テントを張った野外公園などのイベントや、お祭りの屋台とか、、、、、。
価格さえ折り合いが付くところまで何とか出来れば、大いに活躍できるとは感じますけどね^^;

電源と言えば、オーディオ関係も電源には厳しいですよね?
ウルトラキャパシタ+燃料電池という電源は?
どうなんでしょうか??

初めからDCで発電できますし、燃料電池であれば、DC/DCコンバーターとかで変圧するよりは、格段に適合した電圧を複数のセルスタックに振り分けることによって、一カ所の燃料タンクから同時に複数生成することも可能ですよね?

しかも、リスニングルームはコンセント不要!
となれば?
結構、受けるんじゃ無いでしょうか?w