燃料電池システムの国内市場規模は2020年度に1兆2000億円,富士経済が予測 - 産業動向オブザーバ - Tech-On!
 富士経済は,燃料電池関連の国内市場の調査結果と予測を発表した。
それによると,国内の業務/産業用,家庭用,自動車用,マイクロ燃料電池(マイクロFC),携帯機器用を合わせた燃料電池システムの市場規模は,2020年度に1兆2069億円となる見通し。
2007年度の市場規模は39億9600万円で,2020年には2007年比で302倍に拡大すると予測する。
2007年度で最大の市場は家庭用燃料電池システムで,33億3000万円の市場規模だったが,2020年度には自動車用燃料電池システムの市場が最も大きくなるとみる。


FCV自体では,ホンダが2008年11月を目途に「FCXクラリティ」のリース開始を予定しており,日産自動車も2010年代の早期に量産車の市場投入を発表している。
富士経済は2020年度のFCVの出荷台数が30万台に達すると予測する。


2010年代にはいよいよFCVが普通に公道を走行するようになるんでしょうか?
水素燃料タンクと、水素スタンド、これらの整備には、莫大なコストが必要になりますし、規格の一本化が成立しない限りは、普及は難しいでしょうけど、、、、^^;


 2020年度に2番目に市場が大きくなると予測するのは家庭用燃料電池。
2007年度の市場規模は33億3000万円で,2020年度には2007年度比77.3倍の2575億円に達する見込み。
現在,出荷台数が多いのは,大規模実証事業に使われている固体高分子型燃料電池(polymer electrolyte fuel cell:PEFC)。
同実証事業の最終年である2008年度も1120台の設置が予定されている。
PEFCは2009年度から市販化が決定しているが,普及が本格化するのは2015年度以降と富士経済は予測する。


こちらは2015年以降ですか?
まあ、家庭用は都市ガス等からの、改質機を使えますので、こちらの普及はめどが立ちやすいですね。
実証実験も進んでいますし、オール電化住宅の普及で、ガス業界は新しい活路を見いだす必要性が出てくるでしょうし、、、。



 大きな伸びが期待されるのはマイクロFC市場。2007年度の市場規模は100万円。
2008年度の市場規模も100万円の見通しであるものの,2020年度には145億円に拡大すると予測する。



個人的には、DMA(ジメチルエーテル)の可能性に期待しているんですけどねぇ、、、、。

20世紀末に、燃料電池に最適な燃料として、ジメチルエーテルが大きく散り上げられ、評価試験等も進められているはずなんですけど、、、、。

自動車用では、水素と異なりLPG用のタンクで容易に液化しますし、ダイレクトメタノールと同様にダイレクトDMEで、改質なしで直接発電が可能ですから、ポータブルの用途にも最適、DMEそのものは、都市ガスの代替としても使えますし、クリーンディーゼルエンジン用の燃料としても、粒子状物質を全く発生しないので、ディーゼル燃料として、液化ガスとして使える事も実証されています。