_DSC0180


さて、展覧会も無事終了しました^^;

成果はありませんでしたけど?w

12万円とか?
わけの分からない値段を付けていますんで^^;

売れるはずがありませんしw
ALTEC CF404-8Aは、もう手に入りませんから、売れてしまったら困るわけで、、、、、、^^;



_DSC0178


まあ、会場だけは良い雰囲気でした。
ゆったりとしたスペースで、、、、。


_DSC0042


初めは、ALTEC CF404-8AとCF204-8Aを並べていたんですが、SA/F80AMGと交換してみました。
こちらの方が、音が対照的で、聴き比べても面白みがあります。


_DSC0133


自分でも、あまり聴き比べていなかったので、今回はじっくり聴き比べてみました。

CF404-8AとSA/F80AMGでは、再生できるレンジの幅が違う感じがしますね。
SA/F80AMGの方が口径も小さく箱も小さいのに、低音が低いところまで再生されて、ぐっと重心の低い音になります。

しかしながら、CF404-8Aと比べると、なんだか鳴ってる感じがしない?
歌っていない感じですね、、、、。

線の細い音に感じられます。
美味しいところがごっそり抜けた感じ?かな??


_DSC0183


特にボーカルとかサックスとか、ALTECの方が鳴いてる!歌ってる!!という鳴り方をしますね。
逆に言うと、SA/F80AMGの方が良く制御されていて、質感、空気感みたいな物まで表現できているんですけど、、、、。

良く制御されたSA/F80AMGと、自由奔放に歌うことの出来るCF404-8Aと言う感じでしょうか?
ALTECって、本当に良いですねぇ、、、、、。

良い物ばかりが、消えて行く世の中なんですかね??
だから、こうしてスピーカーを作っているんですけど、ユニットが供給されなくなったら、どうしようもありませんがな?w

とはいえ、デスクトップHiFiなんで^^
狭い部屋で、至近距離50cmくらいで試聴することを想定して作ってます。

こんなだだっ広い空間では、BGMとしては活躍できても、オーディオ装置としては完全に役不足です^^;
むしろ、小さな画廊で、静かなところで実演した方が、デスクトップHiFiとしての実力を確認できるのかな??

まあ、良い経験にはなりましたか?

お客さんの反応は、値段が尋常じゃない!
と言う感じでしたが、まあ、私も実際これを見たら、同じように感じるでしょうか?w

作家の一人は、子供達がiTunesで音楽を聴いているんだけど、あまりの音のひどさに耐えられない!
と言っていました。

私のALTECに耳を近づけて、至近距離で試聴しながら、

「これなら、私でも耐えられる音だわ」

と、言ってくれました^^;

耐えられるって??
どうよ??w

そうなんですよ、、、、、。
ちまたに出回っている、デスクトップ用のオーディオシステムは酷すぎます。

それが普通だって?
そんな音を聴きながら育っていく子供達って??
私は、考えたくありません、、、、、。

せめてBOSEのM2くらいは、与えてやりたいと思いますけど^^;
4万円なら?安いっすよ??

うちのSPの1/3の値段ですよ!?w

音楽は、心の栄養です。
メタミドフォスとか、そんなのが山ほど混ざっている物を、子供達に与えて良いのでしょうか??w

そうですねえ、、、、。
3万円で、M2とタイマン張れるようなシステムでも作れたら、、、、。

良いんですけどね、、、。
何せ、家内制手工業なんで^^;

厳しいですねえ、、、、、w