スクープ:ソニー,超小型燃料電池を試作,Liポリマとのハイブリッドに - 日経エレクトロニクス - Tech-On!
スクープ:ソニー,超小型燃料電池を試作,Liポリマとのハイブリッドに

ケータイのワンセグ動画を14時間連続視聴可能

 ソニーは,手のひらにすっぽりと収まる超小型の燃料電池システムを試作した。燃料電池と燃料カートリッジ,Liポリマ2次電池,制御回路などを組み合わせながら,50mm×30mm×20mm程度の寸法で実現した。
同社が,2次電池や制御回路を含む実用的な燃料電池システムの試作を明らかにしたのは,今回が初めて。

 携帯機器向け燃料電池に関してソニーはこれまで,フラーレンを利用した固体高分子電解質膜や,それを用いたMEA(膜/電極接合体)の評価結果を公表する程度にとどまっていた。
今回は,製品化を見据えた試作品と位置付けている。「携帯機器への内蔵を目指してきたが,ようやく商用設計レベルに到達した」(ソニー マテリアル研究所の技術者)。


SONYも動いてますね。
地道な開発投資の成果が、徐々に出始めてきた感じですかね?

一時期、燃料電池の話題がほとんど、部材とかの話題しか登っていなかったことを思うと、だんだん面白くなってきている感じですね。

これからの動向が楽しみです。

▼続報
【Small Fuel Cells続報】ソニーの超小型燃料電池システム,最大出力は3W以上 - 電子部品テクノロジ - Tech-On!
 ソニーは,「Small Fuel Cells 2008」(米国アトランタ,4月30日〜5月2日)において携帯機器を想定した燃料電池システムについて「Micro Fuel Cell System for Mobile Consumer Electronic Devices」と題して講演した(関連記事)。

 試作した燃料電池システムは,50mm×30mm×20mm程度の外形寸法に燃料電池と燃料供給用のマイクロポンプ(同社はレギュレータと呼ぶ),Liポリマ2次電池,制御回路を内蔵する。
燃料電池は6セルで構成,燃料には濃度99%のメタノールを利用する。
制御回路は,燃料電池とLiポリマ2次電池の電力管理のほか,マイクロポンプの制御と,Liポリマ2次電池の保護機能を備える。