発電効率、耐久性を実用商品化レベルに高めた家庭用燃料電池コージェネレーションシステムを開発 | プレスリリース | ニュース | 松下電器産業株式会社
界最高(*)の発電効率と高い環境性能を実用商品化レベルで実現
発電効率、耐久性を実用商品化レベルに高めた
家庭用燃料電池コージェネレーションシステムを開発
2009年度一般発売に向けて量産体制確立


(データ容量:78KB)
【要旨】
松下電器産業株式会社 松下ホームアプライアンス社は、最高で39%(LHV)、500W〜1kWの実用域で38%(LHV)以上という世界最高(*)の発電効率と、耐用年数10年以上を想定した4万時間の運転と起動停止4千回の耐久性を実現した家庭用燃料電池(PEFC)コージェネレーションシステムを開発しました。
(*):2008年4月14日現在

【経緯】
松下グループは「地球環境との共存」に寄与することを事業ビジョンのひとつに掲げ、次世代のエネルギー供給システムとして、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの研究開発と早期実用化に取り組んできました。2005年度から2007年度まで大規模実証事業を推進してきましたが、今回、その結果をベースに、2008年度に行われる新たな大規模実証事業に向け、省エネ性と信頼性をさらに向上させた新しいシステムを開発しました。

【効果】
今回開発した新システムを一般的な家庭に導入して運転した場合、一次エネルギーを導入前に比べ22%(一年間運転した場合、3262kWh)削減できます。当社従来比で約1.4倍向上しました。CO2排出量は全電源・原単位による試算で12%(年間330kg-CO2) 削減できます。また、大規模実証事業の新エネルギー財団試算式(火力発電・原単位)の場合、37%(年間1175kg-CO2)削減となります。


10年間の耐久性を実現したようですね。

コ・ジェネシステムですから、発電と給湯の両方を実現しています。
特に、低出力時の効率が高くなっているようですね。

オール電化ブームでIH関連の技術が進化したことにより、逆に燃料電池コ・ジェネシステムの効率化に繋がったようです。

40,000時間ですか?
40,000÷24÷365=4.56621004566となり、24時間稼働した場合は4年半ですよね?

起動停止4千回の耐久試験?
4,000÷365=10.95890410959 となり、これは約十年。

と言うことは、夜間、外出時は停止すると言うことでしょうか?
そうなると、冷蔵庫に有る物は腐ってしまいますよね?w

有る程度以上の電力使用が無い条件下では、自動停止するんですかね??
そうなると、送電線からの電力供給は必須と言うことでしょうか?

冷蔵庫は24時間365日電源が入っているわけで、この辺にハイブリッドな技術を投入すれば、もっと総合効率の良いシステムになると思われます。

燃料電池からの熱源を、熱だけでなく氷温状態くらいで蓄える技術が実現できれば、冷蔵庫やエアコンに流用できますので、そのあたりも攻めていって欲しいですね。

そうしないと、まだまだ現状ではオール電化を凌駕するような存在にはなって行かない感じがします。
コンビニあたりでは、既にその様なシステムの実験が進んでいるという話も聞きますけどね。


▼日経の記事によると

松下電器,家庭用燃料電池を全面改良して量産へ---最高発電効率39%も達成 - 機械・メカトロニクス - Tech-On!
 松下電器は2010年度に3000〜5000台,2015年度には6万〜10万台の販売を見込んでいる。
同社は家庭用燃料電池の国内市場規模を2015年度で30万台とみており,20〜33%のシェア獲得を狙う。販売台数の増加に伴って,生産コストを現状から大幅に引き下げ,2010年度には120万円,2015年度には60万円にする方針。
現在,家庭用燃料電池では,経済産業省が主導する「定置用燃料電池大規模実証事業」が行われており,2008年度には1台当たり220万円が助成される。
この実証事業は2008年度で終了して,燃料電池を商品として購入した家庭に補助金を給付する制度に移行することが決まっている。1台当たりの補助額は現状の220万円から減る見通し。
松下電器は,実証事業から商品として販売−−という流れに先手を打ったことになる。


2015年度には6万〜10万台ですか!?
ようやく、実用段階に入って行く感じなんですね。

量産体制が整うことで、燃料電池そのものの普及にも拍車がかかるんでしょうか??