08042001

DSC-R1

さて、センナというのはいわゆるワサビの花です。
家の裏庭にいくらでも咲いていますが、花が咲くから、わさびが採れるというわけではありません^^;


08042002

DSC-R1

去年購入したDSC-R1でしたけど、半信半疑のまま使い続けていましたが、この花を撮影してから、一気に信頼できるようになりました。

めちゃめちゃ解像力にこだわったレンズなのか!?
そんな風に感じましたね。

08042003

DSC-R1

大口径レンズ&大型c-mosセンサーなんで、深度はめちゃくちゃ浅いです。

08042004

DSC-R1

コントラストも、低めというか、ネガっぽい眠くなるような描写ですしね、、、、。
立体的なトーンの変化というのも、あまり期待できません、、、。


08042005

DSC-R1

逆に言うと、コントラストがめちゃめちゃ強い状況で、白い花を、ほぼ白飛びさせずに撮しきるだけの、懐の深さを秘めていると言えますかね?


08042006

DSC-R1

そして、売りはこの解像力ですね!
マクロプラナーとフィルムでは、こんな写り方は見たことがありません、、、、。

08042007

DSC-R1

一つひとつの花は、7mmくらいの大きさです。

08042008

DSC-R1

舐め上げるような目線で、、、、。

08042009

DSC-R1

中空に浮いているように、、、、、。


08042010

DSC-R1

引くとこんな感じです。
葉っぱは、お浸しとかにして食べられます。
 
ちなみに「激辛!」です ^^;

08042011

DSC-R1

花期が進んで行くと、早めに咲いた花は、何やら変身を遂げるように、、、、。
どうなるんだ??w