08040614

DSC-R1


三千院の中に入って行きます。
入館料は700円でしたけど、それ以上の価値はありましたね。


08040601
DSC-R1

こちらが入り口、靴と傘はビニール袋に入れて、持参しての拝観となります。


08040602
DSC-R1

坪庭も、愛らしく、、、。

08040603
DSC-R1

梅が見頃でした。

08040604
DSC-R1

客殿。

畳敷きで、お茶席もあります。
ここから見る日本庭園が見事!

08040605
DSC-R1

聚碧園



08040606
DSC-R1

ツツジの頃か、紅葉の頃が見所という感じですかね?

08040607
DSC-R1

円融房(写経場)へと続く渡り廊下。

08040608
DSC-R1

池をまたぐように配置されています。

08040609
DSC-R1

庭園も雨の中、、、、。

08040610
DSC-R1

ジンチョウゲじゃないな、、、、。
なんだろ?
花もまた、雨の中、、、、、。

08040611
DSC-R1

晴好雨奇

晴れも良いですけど、雨もまた奇なり、、、、。
しみじみ、そう感じます。

08040612
DSC-R1

ぐるぐる回っているうちに、どこかわからなくなってきました^^;

08040613
DSC-R1

清浄水。

08040614
DSC-R1

また梅の木の所に戻ったぞ?w

08040615
DSC-R1

苔のむす参道の向こうは、往生極楽院。

08040616
DSC-R1

順路は、ここで靴を履いて、庭へと出て行きます。

まあ、室内と言うこともありましたが、雨に降られて残念という感じはしませんでした。
むしろ、庭園の度量の深さというのでしょうか?

あらゆる気候を受け入れて、それぞれの表情で、ありのままのを見せてくれる、何か悟りの境地のような、、、、、。

そんな表情を見せることが出来るのは、西暦728年からと言う、千数百年の歴史の中で培われた物なんでしょうね、、、、。



三千院 | 三千院ガイド | 三千院の歴史

和暦    西暦
延暦年間  782-806
伝教大師最澄、比叡山に根本中堂を建立の時、東塔南谷の山梨の大木の下に一宇を構える。(梨本の名称の起こり、円融房の始め)


次回は往生極楽院を経て観音堂へと進んで行きます。

<つづく>

でくのぼうぷれす:ちっちゃい旅6 京都大原 三千院 往生極楽院付近

▼京都・大原の宿
(提供 じゃらんねっと)