実はF80AMG用の箱はだいぶ前に焼き上がっていました。
前回ナチュラルダクトに挑戦してみたのは、この箱のチューニングをどうするか?
悩んでいたからです。

家元のようなナチュラルダクトは、そう簡単に実現できないことはわかりました。
そこで、今回は趣向を変えたチューニングを施してみることにしました。



今までの物よりも、一段と小さな箱に焼き上がっています。
容積は2Lちょいくらいだと思います。
それでも、普通に販売されているデスクトップ用スピーカーと比べれば、奥行きの分だけ大きいでしょうか?



上から見たところ。




パソコンに比べた感じは、こんな感じですけど、、、、。
比較対照するPCが古すぎますか?w

今回も特性を取ってあります。



インピーダンスカーブを見てもわかるとおり、普通のバスレフとしてチューニングしてあります。
もちろん、ダクトにもエンクロージャーにもストローをこれまでのように詰め込んであります。
ただし、ダクトの長さを、この前のビクターの箱を参考にしてチューニングしました。
結果は、ビクターの箱に近い特性になっていると思いますけど?


↑前回のビクターのミニコンポの特性


実際にデスクトップに設置した状態Lch



同様にRch


こんな感じになりました。

少し高域が強すぎるのかな?
とも感じますけど、実際に設置して特性を見ると、何とも言えない状態になっていますね、、、、。

2L程度の箱でも50Hzあたりの音は確実に聞こえてきますので、バスレフとしてはこんな物なのかな?
と言う感じはします。

もう一度ナチュラルダクトに挑戦して、次元の違う音を体感したいとは考えているんですけどねぇ、、、。
ただし、この手の箱ではやはり、無難にバスレフでチューニングを取った方が、良い結果が出るのかな?


↓塩ビ管で作った箱とも比較してみて下さい。
でくのぼうぷれす:塩ビナチュラルダクト 再び!w - livedoor Blog(ブログ)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村