バグとの戦い--VistaをめぐるMSの試練 - CNET Japan
 「Windows Vista」といえば、バグだ。次から次へとバグが出てくる。

 延期が重なるOSのVistaでは、「Beta 2」で不具合が見つかるのは疑いの余地がない。しかし、問題は、果たして致命的な不具合があるかどうかだ。

 バグをつぶす時間はある。しかし、コードを11月までに仕上げ、1月には製品を公開するという、あらためて設定されたこの目標をMicrosoftが達成するためには、重大な問題は何であれ、回避しなければならない。


 バグとの戦いですか?
果たして?windowsがそれほどまでに肥大化しているのでしょうか?
見た目だけではそうは感じられないのですが、、、、、。

しかしまあ、winNTが始まったのが既に10年以上前ですからね、10年前のデバイス等との互換性を重視しているんだったら、やはり肥大化しているんでしょうねぇ、、、、。
(コアの老朽化でしょうか??)

バグとの戦い--VistaをめぐるMSの試練 - CNET Japan
例えば、Windows XPアプリケーションのうち何の修正もなしで動作するものは40%にすぎない。残りの多くはわずかに調整が必要である。これら非互換性の多くは、Microsoftによる回避策あるいはアプリケーションメーカーからの協力を得て既に修正されている。
 ドライバが用意されていないハードウェア製品は依然多い。また、数多くの領域、特に新搭載のデスクトップ検索機能などでは、同OSのパフォーマンスをまだ向上させたい、とMicrosoftでは願っている。


 パフォーマンス面でも、課題が残っているんでしょうかね?
まあ、世界中のPC使いの9割を納得させなければならない運命を背負ったwindowsですから、開発や変更は大変だと思いますね。

世界標準であるが故に、なかなか革新的な変化を遂げることが難しい状況にあることも確かですね。
とりあえずは、無事に2007年1月リリースを願うのみですな。