ITmedia News:Windows Vista版IE 7の名称は「IE 7+」に
 米MicrosoftはWindows Vista β2のリリースに伴い、Windows Vistaに搭載されるIE 7を「Internet Explorer 7+」と命名すると発表した。


 特にVistaを批判するような材料はありませんが、Vistaに飛びつかせるだけの、本当にセンセーショナルな情報も耳にしていない感じがします。
 IE7とIE7+でXPとVistaの差別化を図るって、、、、??

私は未だにwindows2000を使用していますが、それはXPに乗り換えるだけのメリットを未だに見いだせないでいるからです。
というか、別に不自由を全く感じないからです。
(というか、win2000の方が快適だと感じますが^^;;)

企業のOSがずーーとwin2000からバージョンアップせずに、MSが苛立っていたという話はよく聞きましたが、XPからVistaへのバージョンアップでは是非ともそれはさけたいと感じているようですね、、、、。

ただし、実情ではXPでも「重たい」と感じているユーザーが多いのが事実で、XPですらまともに動作しないのに、Vistaに乗り換えたいとは思わないでしょ??

appleのOSに関しては、私自身Pismo@POWERBOOK G3/2000でOS9、OSXPB、10.0 10.1 10.2 10.3 10.4と全てのバージョンを購入して入れてみましたが、バージョンがあがるほどにレスポンスが改善された!と実感していました。
(最初が酷かっただけという説もありますが^^;;)

Vistaに関しては、現在XPが重たいと感いているユーザーの体感速度が上がることが、一番売り上げにつながると感じています。
しかしながら、それが実現されるとはとうてい思われないわけですが、、、、、。

6年ぶりでしたっけ?
メジャーアップデートにしては、変更点や売り物が少なく感じてしまうのは?
気のせいでしょうか??