ホンダ、植物原料の自動車内装材「バイオファブリック」を開発 - nikkeibp.jp - 注目のニュース
ホンダは5月25日、植物を原料に使った自動車内装用の表皮材、「バイオファブリック」を開発したと発表した。CO2を吸収する植物を原料とするため、地球のCO2が増加しない利点があるという。同社は新型の燃料電池車に採用し、3年以内に発売する予定。

バイオファブリックを構成する原料は、とうもろこしから製造する1-3PDO(プロパンジオール)と、石油成分のテレフタル酸を重合して作るPPT(ポリプロピレンテレフタレート)というポリエステル素材。繊維を複合糸化することで、布地としての安定性を確保した。また、繊維の特性である屈曲性を利用し、これまで難点があった風合いも向上させた。


 植物原料ですか?
最近の流行ですね^^

とくに燃料電池とは直接関係ないような気もしますが^^;;
やはり燃料電池車はイメージ戦略なのでしょうか??