【WinHEC 2006】ビル・ゲイツ基調講演レポート:日経パソコンオンライン
WinHEC 2006】ビル・ゲイツ基調講演レポート次世代の新技術やプラットフォームを紹介

 2006年5月23日から25日(以下、すべて米国時間)まで、米シアトルで米マイクロソフトのハードウエア開発者会議「Windows Hardware Engineering Conference (WinHEC) 2006」が開催されている。


windows陣営も、64ビットに向かってゆくんですね^^

appleの場合、PowerPCからIntelへのスイッチが無ければ、もっと順調に64ビット化へのスイッチが進んでいたと思いますね。

そう考えると、Intelへの移行はソフトウェア開発のこうした無駄な時間をもう二度と作りたくない!
という、意志の表れなのかもしれませんね。
CPUがなければ、どれほど優れたOSを開発したところで、全く用をなさないわけですから、、、。

ハードウェアのデザイン、OSの開発、優れたアプリケーション。
appleはこの3つを自前で提供できる世界で唯一の会社です。

もはや中身はIntelチップセットで十分なのかもしれませんな。

MSがもたもたしてくれたおかげで、64ビット化への時間的ロスが多少は軽減されたのかもしれませんね^^

あ?
マイクロソフトの記事でした!
参照元記事><;;