「一眼レフ事業、今は勉強中」まずは入門機から?ソニーの勝本事業部長に聞く PC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS


「一眼レフ事業、今は勉強中」まずは入門機から??ソニーの勝本事業部長に聞く
ソニーのデジタル一眼レフカメラ開発を統括する勝本徹・AMC事業部長
 ソニーは今夏、デジタル一眼レフカメラ事業に参入する。昨年7月からコニカミノルタと一眼レフ製品の共同開発を進めてきたが、今年3月末に同社から一眼レフ事業の譲渡を受け、「α(アルファ)」ブランドでの製品投入に向けて準備を進めている。同社デジタルイメージング事業本部の勝本徹・AMC事業部長に一眼レフ製品の開発状況と今後の戦略を聞いた。


 勉強中とは、、^^
あまりにも、控えめな発言ですな、、、、、。

appleとAMDの関係以上に、SONYがなぜ?contaxでないのか??
ライバルはライカのレンズ搭載を看板に掲げているのに??

まあ、たしかにcontaxというブランドは、ブランドイメージが強すぎて、SONYというブランドを生かし切れない側面はあるかと思います。
一方のαというブランドは、世界的なブランドではなく日本を含むごく一部の地域のみで使われていたようで、世界デビューとなるとほとんどの国では、初めての呼び名のようですね、、、。

「一眼レフ事業、今は勉強中」まずは入門機から?ソニーの勝本事業部長に聞くPC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS
??一眼レフ事業では交換レンズを充実させることも重要だ。コンパクトカメラ部門で提携している独カール・ツァイスのレンズも投入するのか
 具体的な取り組みはまだ未定だ。ただ、交換レンズ全体で初年度に20本程度は揃えたい。ミノルタ時代を含め、全世界で1600万本のレンズ資産を大切にしていく。


ここが一番重要な部分でもあります。
SONYとツアイスはすでに提携関係にありますので、新たに一眼レフ用のレンズをツアイスに依頼すると言うことは考え得るわけです。

本当は、そうなる前にcontaxというブランドが復活して欲しいんですけどねぇ、、、、。
contaxはライカと並ぶカリスマブランドですからねぇ、、、、。

このままだと、contaxがMade in Chinaになりそうな気がしてきましたw