温暖化いろいろ - 続・DCFC燃料電池
続・DCFC燃料電池
2005-12-24
DCFCについて追加でまとめてみます。
固体ナノ微粒子(10〜1000nm)サイズの炭素をCO2に変換。
効率は80%が期待できる(保有する炭の化学ポテンシャルの8割を電力に変換)。
炭素の電気化学的酸化の際のエントロピー変化が少ないため、ほとんど発熱も起こらないため電力への変換効率が高い。
750℃〜850℃で作動.........

SGWさんのサイトでDCFCの詳細情報が公開されています。
変換効率70%って????
実現したらとんでもないことになりそうですね^^;;

SGWさん<コメントどうもありがとうございました。
      今後ともよろしくお願い申し上げます。