ホンダが太陽電池に進出 熊本で07年から量産 - CNET Japan
ホンダが太陽電池に進出 熊本で07年から量産
FujiSankei Business i.2005/12/19 10:23??
Trackback(2)


 ホンダは、二〇〇六年から太陽電池事業に進出する。〇七年には熊本製作所(熊本県大津町)の敷地内に、年産能力二七・五メガ(一メガは百万)ワットの太陽電池の工場を建設して量産を開始し、既存の製品より割安な価格で拡販する計画だ。販売価格や新工場の投資額などの詳細は今後、詰める。

 太陽電池市場ではシャープ、京セラ、三洋電機などが先行しているが、ホンダが価格競争力のある製品を“武器”に進出することで、シェア競争が激化、低価格化が進みそうだ。


 ホンダは〇二年四月に太陽電池の量産技術を確立し、現在までに国内十二カ所、海外三カ所の自社の事業所でエネルギー源として活用していた。

 地球環境問題や省エネルギーへの関心が高まっており、今後、太陽光発電システムの需要が拡大すると判断、太陽電池事業に本格進出することを決めた。


>ホンダは、一般住宅に設けた太陽電池で得た電気を使って水を分解して水素をつくるシステムの実用化も視野に入れており、太陽電池は水素供給のネックを解消する上で、有力なツールになるとみている。

↑これが、本当に実用化されれば、究極なのですけどね。
EV(電気自動車)の要求電力は三菱が試作していたもので、20KWだったと記憶しています。
中小町工場くらいの要求量です。
車を走らせるために、必要なエネルギーは恐ろしく膨大なのであります。
(一般家庭が消費している電力量に比べての話ですが、、、、)

ただし、一般家庭で1ヶ月に車を走らせている時間がどのくらいか?
ここが問題ですね。
http://www.city.kobe.jp/cityoffice/24/Ondan_Keikaku/tiikisuisin/honpen/Chap6.htm

当てになるかどうかは分かりませんが、上記資料によると一月平均、687.6km ガソリンにして76Lほどだという、調査結果が出ています。

これを、参考にすれば太陽電池の必要発電量が試算されると思われます。
(やり方までは、分かりません><;;)