ソニーCDが明らかにしたセキュリティー業界の本質的問題(上)
ソニーCDが明らかにしたセキュリティー業界の本質的問題(上)


 これは、ハイテク系ブログが巨大企業を打ち負かすという、旧約聖書の「ダビデとゴリアテの戦い」のような話とも言える。
 10月31日(米国時間)、マーク・ルシノビッチ氏は自身のブログで、米ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント社が音楽CDに組み込んで流通させているコピー防止機能は、「ルートキット」というタイプのソフトウェアツールをひそかにインストールするものであることを暴いた。
このツールは、ユーザーの同意を得ずに実行される??ひとたびCDからこのソフトがコンピューターにインストールされると、ユーザー本人が気づかないあいだにハッカーがそのシステムにいつでもアクセスできるようになるということだ。



読んでいると、だんだん腹が立ってくるのですが、、、、。
自重自重、、、、、、。