アップルの「iTunes」に深刻な脆弱性--マシン乗っ取りのおそれ - CNET Japan
アップルの「iTunes」に深刻な脆弱性--マシン乗っ取りのおそれ
Dawn Kawamoto(CNET News.com)2005/11/19 01:39??
Trackback(34)


 Appleの音楽管理ソフト「iTunes」の一部のバージョンに深刻な脆弱性が見つかった。この脆弱性を悪用されると、攻撃者にリモートからコンピュータを乗っ取られる可能性があると、あるセキュリティ調査会社注意を呼びかけている。

 Appleは先ごろ「iTunes 6 for Windows」用のセキュリティアップデートを公開していたが、今回の脆弱性はそのわずか数日後に見つかったことになる。

 しかし、セキュリティ対策企業のeEye Digital Securityが米国時間17日に公表した警告によると、このiTunesの脆弱性は、Windows XPからMac OS Xまで、すべてのオペレーティングシステムに影響を与えるものだという。

 この脆弱性によって、悪質なハッカーがリモートから任意のコードを起動し、ユーザーのコンピュータを乗っ取ることが可能になってしまう。



穏やかではないですねぇ、、、、。
私も愛用してますし^^;;

昔は、セキュリティなんて全く気にしなくても、犯罪者?が少なかった物です。
メールアドレスも、みんな堂々とトップページに掲載していました。
いまじゃ、メールアドレスなんかサイトに公開した日にゃ、スパムの嵐です><;;

どうして世界はこのようにあれてゆくのでしょうか?
うーーーーーーーーーーーーーーーーん、、、、、。