今時、ディーゼルエンジンの車に乗っています^^
なんて言うと、「環境破壊だ!」と言われかねませんが、乗ってますw

東京23区には入れないんでしたっけ??

日本では、環境破壊と言われるディーゼルエンジンも、ヨーロッパでは「クリーンディーゼル」なんて言葉があるくらい、むしろディーゼルを好む人が多いようです。

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンを比べてみると、、、、、。

ディーゼルエンジンの方がCO2発生量が少ない。
ディーゼルエンジンの方が一般的に燃費がよい。
ディーゼルエンジンの方が燃料代が安い。

と、良い面も多いのです。

ではなぜ?ディーゼルエンジンが環境破壊なのかというと、黒煙、粒子状物質の排出が多いと言うのが、一番かと思います。
しかしながら、ヨーロッパではクリーンディーゼルと呼ばれるくらい、ディーゼルの方が好まれるのは?なぜでしょう??

その違いはのひとつは、燃料です。
ヨーロッパのディーゼル燃料は、日本で言う白灯油に近い物らしく、日本のディーゼル燃料に比べて粒子状物質の排出を低く抑えられるのと、大陸でありますから、日本のようなばかばかしい渋滞が少ないからだと思われます。

つまり、ディーゼルエンジンが悪いのではなくて、ディーゼル燃料が粗悪なために、日本では環境破壊呼ばわりされる一因になっているわけです。
もちろん、ヨーロッパのディーゼルは高度な黒煙浄化システムを搭載していると言うのも大きな理由ですが。(日本でもできるでしょ??)
それなら、環境に優しいヨーロッパタイプの燃料に変えればいいではないか?
と、ここまで話を聞けば、誰だって思うわけです。
燃料を、売ってる人たちもそのくらいのことは、十分わかっていると思いますが、、、、。

そんな簡単なことが、変わらないのが日本という国なんですね^^;
この手の話は、以前「燃料電池を我らに!! 」の掲示板等でさんざん議論しました。
規制緩和、、、、、、。
これが、いっこうに進まない。

さらに言えば、ディーゼルエンジンの燃料を「天然ガス」や「DME」(ジ・メチル・エーテル)に変えれば、黒煙は実質0に近くなり、CO2排出の点でもガソリンより優秀で、ディーゼルエンジンは非の打ち所がない、クリーンエンジンに早変わりします。

それが、分かっていても変わらないのが日本という国なんですね(-_-)

燃費の面で言うと、、、。

アメリカの研究期間で「燃料の採掘」「精製」「エンジンによる消費」までを総合的に調査し、どういう機関が最も燃費がよいか?
と言う調査をした記事を読んだことがあります。

一番燃費が良いのが燃料電池ハイブリッド技術を用いたFCV(燃料電池自動車)で、それに継ぐのが
ディーゼルエンジンを用いたハイブリッド車という結果だったと記憶しています。

アメリカに次ぎヨーロッパの各メーカーも水素を燃料としたFCVの開発から、撤退を表明した現在、盛んにFCV開発を行っているのは、日本だけかもしれません。
そうなると、本当に実用的で、最も低燃費なのはディーゼルエンジンハイブリッド車と言うことになります。
ディーゼルエンジンの場合、一定速度で回してやればさらに燃費は改善され、加速時の黒鉛もモーター駆動になれば、全く発生しない画期的な低公害車が、極めて現実的な技術で実現できるわけです。
水素を燃料としたFCVの場合、課題が多すぎて現実の物となるのが、何年先になるのか?現状では予想困難です。

ディーゼルエンジン=環境破壊??
なにか、騙されているような気がするのは、私だけでしょうか??

1/2 ▼続きを読む

▼参照
 ●ディーゼル・ハイブリッド車:低燃費と排ガス改善に期待
  http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20050329106.html
 ●いすずディーゼルハイブリッド車の紹介
 http://www.isuzu.co.jp/technology/randd/project6/index.html

 ●話題の欧州ディーゼル車を公道テストMINI One D & アコードi-CTDi
 http://www.drivingfuture.com/car/bmw/sp041105_01/index.html


燃料電池を我らに!!へ