TOTO、500℃で作動可能な固体酸化物型燃料電池セルスタック - nikkeibp.jp - 注目のニュース
TOTO、500℃で作動可能な固体酸化物型燃料電池セルスタック
2005年10月07日?17時26分



TOTOは、携行型燃料電池装置に組み込むことができる固体酸化物型燃料電池(SOFC)セルスタックを開発した。従来のSOFCの作動温度が750〜1000℃なのに対して、今回開発したセルスタックは500℃で作動可能。断熱層を薄くし小型化できる。セル形状は熱応力に強い円筒形を採用しており、室温から最短5分で起動することが可能という。50Wから1kW程度の出力範囲の電源に適しており、電動車いすや電動アシスト自転車、携行型電源などへの利用が見込める。TOTOは今後、セルスタックの発電性能と耐久性を高め、システムメーカーにセルスタックやモジュールを供給し、2008年度の実用化を目指す(日経エコロジー編集/EMF)。


セラミックメーカーが燃料電池市場に参入ですか??
期待してます^^