近年、個人情報保護と言う言葉を良く耳にします。
実際の法律が施行されてから、間もなく1年になろうとしています。

最近では、小学生保護のために「名札を廃止」したり、名簿にも住所や電話番さえ伏せるような時代になりつつあります。

この、個人情報保護には、おかしな点が多すぎます。
昔は、電話帳を繰れば、個人の住所まで調べることが出来ました。
もちろん、現在では個人情報を閲覧できる「電話帳」さえ存在しません。

保護って??
見えないようにする事なんですか?
被害に遭いたくなかったら、陰に隠れてじっとしていろ!
と言うことですか?

納得できません!!

個人が、堂々と住所や電話番号を公開しても、何の危険もない世の中にする!
これこそが、個人情報の保護ではないのでしょうか??

個人情報を悪用させない!
悪用のしようのないシステムを構築することこそが、正しいあり方だと思います。

そうですねえ、、、、。
例えば、受信者が「スパムメール」だと判断した送信メールの送信者には、一通当たり10円課金されてしまうとか、スパムと判断されたメールアドレスを一定時間使用停止に出来るとか、しかも、どこのメールサーバーを踏み台にして、誰がそれを行ったかさえまで、追尾できるようにして欲しいですね。

メールという、安価に大量に個人を攻撃できる手段があることが、最大のネックだと思います。

しかしまあ、、、、。
何よりも、世の中がどんどん貧しくなってきているのが、諸悪の根底にあるんだと思いますね、、、。

お金がないと言うことよりも、心が貧しすぎます。
貧しい心を、外見だけどれほど飾り立てたところで、何一つ満足できる物ではないのです。
虚栄心というのが、もっとも貧しいと感じますねえ、、、、。

豊かな社会は?どこにあるのでしょうか??
誰もが豊かな生活を望んでいるはずです。

世界一豊かな国「日本」???
私は、信じていません。
そこは、貧困で溢れています。

貧しい心を、少しでも豊かにするために、何が必要ですか?
答えは見えていません。

ただ、本当に豊かな世界では、個人情報を保護するなどと言うことは、考えられないことだと感じています。