asahi.com: 新日石、灯油仕様の燃料電池を商品化 ビジネス
 新日本石油は30日、灯油から取り出した水素を燃料とする家庭用燃料電池システムを来年3月に商品化すると発表した。灯油仕様の商品化は世界初という。新日石は今年3月にLPガス仕様の家庭用燃料電池システムを商品化しており、「これで選択可能な品ぞろえができた」としている。

 新日石によると、灯油は熱量あたりのコストが電気や都市ガスよりも安く経済的で、貯蔵や輸送など取り扱いも容易という。また、北海道や東北など寒冷地では灯油タンクが多く、市場も有望とみている。

 荏原バラードや荏原製作所との共同開発。発電出力は950ワットで、同時に発生した熱を給湯や暖房に使う。エネルギー効率に優れ、二酸化炭素も30〜40%削減できるという。06年度に関東や北海道、東北、北陸などで100台の設置を計画。レンタル契約期間は3年間で、契約料は年6万円。硫黄分を減らした燃料電池専用のFC灯油を使う。


むむむ、、、、、、、。
年6万円ですか!!
レンタルって??
モニターともちがうんですかね?