Sankei Web 経済 燃料電池車を重視 GMのバーンズ副社長(01/10 09:58)

 米自動車最大手、ゼネラル・モーターズ(GM)のラリー・バーンズ副社長(研究開発担当)が9日、北米国際自動車ショーの会場でインタビューに応じ、将来の自動車についてハイブリッド技術の重要性を指摘したものの「究極のシステムは電気的なものになる」と述べ、今後も燃料電池車を重視する考えを強調した。
 副社長は「ハイブリッド車に比べ、10分の1の部品でできる」と指摘。研究が進めば、燃料電池車が環境面だけでなくコスト面でも優位との見方を示した。
 ただGMはこれまでも燃料電池車を本命視し、結果的にハイブリッド技術でトヨタ自動車やホンダなど日本勢に後れを取った経緯がある。バーンズ副社長は「燃料電池車が実用化されるまでは、ハイブリッド技術は必要だ」と述べた。
(共同)
(01/10 09:58)


GMから、このような言葉が聞けてうれしい限りです。
欧米が慌ててハイブリッドに走り出して、燃料電池は諦めてしまったのかと、思ってました;;
しかしながら、ハイブリッドが完成した頃に、日本勢が燃料電池車を実用レベルまで開発してた?
なんてことには、まあ、ならないでしょうが、、、、。

部品点数が1/10で済むというのは、面白いですね。
メカニカルの部品が減少し、パワーユニット、コントローラー、燃料電池本体という構成で行けるわけですね。
ハイブリッド車は、言ってみれば内燃機関による動作と、EVによる電気自動車の両方の機能を同時に搭載しなければいけないわけですから、どう考えても不利ですね。

最大の難関は燃料電池自体のコストですな^^;;