佐賀新聞
燃料電池二輪車をリース
ヤマハ発動機が静岡県に
 ヤマハ発動機は12日、開発中のメタノール燃料電池二輪車1台を16日から約半年間、静岡県に貸し出すと発表した。

 同社によると、燃料電池二輪車のテスト走行を始めている二輪車メーカーはほかにもあるが、社外に貸し出しての使用は国内初という。

 リース料は月10万5000円。同社はモニター使用してもらうことで、技術開発に向けた助言などを期待している。

 燃料電池二輪車は、ガソリンに比べて、排ガスを出さないなど環境性能が高い。同社の燃料電池二輪車は、燃料にメタノール水溶液を使って電気を起こす。燃料を満タンにすると、100キロ以上を継続走行できるという。





?09月12日20時18分