中国のハイブリッド・水素燃料電池車技術、最先端に近づく - nikkeibp.jp - 環境
中国のハイブリッド・水素燃料電池車技術、最先端に近づく
2005年10月14日00時00分
中国の国家863計画(国家ハイテク研究発展計画)の1つである電気自動車プロジェクトのリーダーで、同済大学の学長を務める万鋼氏はこのほど、中国のハイブリッド・水素燃料電池自動車の技術開発は進んでおり、国際最先端の技術との差が4年前の15年間から3年間まで短縮されたと述べた。上海交通大学、同済大学などの大学は上汽集団などの企業と提携し、中核技術の研究を進めてきた。上海では他に先がけ、LPG自動車の商品化を実現した。これまで、LPG車に改造したタクシーは3万8000台となり、運行を始めている。また、ガススタンドは110カ所建設されており、新型ハイブリッドバス3000台も近く同市で運行を開始する見通し。(日中グローバル経済通信)


大国の動きは気になりますなぁ、、、。